ファッション

「アンブッシュ」のYOONと「ナイキ」のコラボコレクションが解禁

 「ナイキ(NIKE)」は12月8日、YOON「アンブッシュ(AMBUSH)」デザイナーとのコラボコレクションを発売する。

 同コレクションは、スポーツがYOONデザイナーのクリエイティビティーに大きな影響を与えていることに着想し、ドライフィットのボディースーツやクロップドトップスなどスポーティーなアイテムが多数登場。さらに、先日YOONデザイナーが自身のインスタグラムで着用した姿を披露していたフェイクファーコートをはじめ、フリースとメタリックのリップストップ生地(撥水・防水性にも優れ、強度や摩耗に非常に強い生地)のリバーシブルトラックジャケットや“エア マックス 180(AIR MAX 180)”など、スニーカーを含む全6型をラインアップする。

 YOONデザイナーは同コレクションについて、「かつては、朝着た服のまま夜まで過ごすことはなかったが、今は同じ服のままで動き回るようなライフスタイルになってきている。(東京とパリを行き来する)忙しい生活の中で、洋服の着心地や使い勝手の悪さに煩わされたくなかった。コラボスニーカーに“エア マックス 180”を選んだのは、シアトルに住んでいた高校生の時に初めて自分で買ったスニーカーだから。ナイキのアーカイブで見つけた“エア ズーム フライト グローブ(AIR ZOOM FLIGHT GLOVE)”(元NBA選手ゲイリー・ペイトンのシグネチャーモデル)の履き心地と足を包み込むようなデザインを取り入れた」とコメントしている。

 価格帯は8000〜5万円で、両ブランドの公式サイトと東京・青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、「アンブッシュ」の旗艦店、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で販売する。

 なお“エア マックス 180”のみ、2019年春頃の販売となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら