ファッション

“完璧に体を守る”コレクション エロルソン・ヒューが手掛ける最後の「ナイキ ACG」

 ナイキ(NIKE)の“あらゆる環境に対応するギアのような服(ALL CONDITIONS GEAR)”をコンセプトとしたコレクション「ナイキラボ ACG(NIKELAB ACG以下、ACG)」が、最新コレクション“2018 HOLIDAY COLLECTION”を発表した。

 2014年からデザイナーを務めてきた「アクロニウム(ACRONYM)」のエロルソン・ヒュー(Errolson Hugh)が手掛ける最後のコレクションとなる今回は冬にフォーカスし、ダブルファネルコートやダウンパーカ、ゴアテックスコートなどアウター類を中心にラインアップ。「あらゆる状況とさまざまなニーズに対応し、完璧に体を守るために変化させることができるモノをデザインした」とエロルソンが語る通り、アイテムを組み合わせることで寒さや雨から体を守ることができるモジュールシステム(組み立て式)をアップデートし採用したことで、過去の「ACG」のコレクションともスタイリングを楽しむことができる。またアウターの他、マルチポケットベストやフリース素材のフーディーなどのアパレルに加え、着けたままタッチスクリーンを操作できるグローブや、耐水性のビーニーなど小物もラインアップする。

 4年に及ぶ協業についてエロルソンは、「究極の目標は、着る人がふとした瞬間に『快適な着心地で、衣服に守られ、見た目もいい』と感じ、何の心配もせずにいられるものを作りだすことだった」とコメントを発表している。

 同コレクションは、12月1日から「ナイキ」の公式サイトや東京・青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などの一部取扱店舗で販売される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら