ファッション

「ナイキ ACG」2018-19年秋冬からレトロな配色のトレイルスニーカーが2型登場

 「ナイキ ACG(NIKE ACG以下、ACG)」は8月25日、2018-19年秋冬コレクションのスニーカーを2型発売する。

 用意したのはトレイルシューズの“ACG ラックル リッジ(ACG RUCKEL RIDGE)”と“ACG ドッグ マウンテン(ACG DOG MOUNTAIN)”で、どちらも1990年代のアウトドアスタイルを色濃く反映させたレトロな配色が特徴。“ACG ラックル リッジ”は、アッパーの内側に4Dフィットメッシュを採用し、ミッドソールには衝撃吸収性の高いPORONフォームを使用するなど、足場の悪い山道でも快適なはき心地を実現した。“ACG ドッグ マウンテン”も強固なラバーをアウトソールに使用することで耐久性に優れ、底には反転させた“ACG”のロゴがあしらわれ、雪やぬかるみの上を歩いた際に”ACG”のマークが足跡として地面に残るといった遊び心も兼ね備えている。

 価格はそれぞれ1万9000円と1万2000円で、「ナイキ」の公式アプリ「NIKE SNKRS APP」および一部取り扱い店舗で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら