ファッション

「ナイキ」 × 「パブリック スクール」から、3モデルを組み合わせたコラボ“エア フォース 1”登場

 「ナイキ(NIKE)」は9月5日、「PSNY」の愛称でも親しまれる「パブリック スクール(PUBLIC SCHOOL)」とコラボレーションしたスニーカーを発売する。価格は200ドル(約2万2000円)で、ホワイト、ブラック、グレーの3カラーを展開。「ナイキ」の公式アプリ「NIKE SNKRS APP」および一部取り扱い店舗で販売する予定だ。

 2015年からたびたびコラボスニーカーを発表している両者が今回ベースに選んだのは、昨年で誕生から35周年を迎えた“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”。ヒール部分に取り付けられたレザーパーツがハイカット風のシルエットを演出し、ミッドカットモデルの特徴的なストラップがヒールにあしらわれるなど、ロー、ミッド、ハイカットモデルの各ディテールが複雑に組み合わせられながらもクリーンな印象に仕上がっている。また、スウッシュやアッパーなど随所に施された大胆なステッチや、シュータンの“PSNY”の文字も印象的だ。

 「パブリック スクール」は、08年にダオ=イー・チャオ(Dao-Yi Chow)とマックスウェル・オスボーン(Maxwell Osborne)の2人がスタートさせたブランドで、活動拠点でもあるニューヨークをコンセプトに、メイド・イン・アメリカにこだわりを持つ。14年に「CFDAアワード」のメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーに輝くと、翌15年には2人揃って「DKNY」のクリエイティブ・ディレクターに就任するなど、高い評価を得ている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら