ファッション

「ナイキ」の“テックパック”新作 フーディージャケットやトラックパンツなど

 「ナイキ(NIKE)」は、スポーツとオフスタイルを融合したライン“テックパック”の2018年秋の新作コレクションを発売した。「ナイキ」公式サイトおよび原宿店やナイキ キックス ラウンジ 表参道(NIKE KICKS LOUNGE OMOTESANDO)など一部の「ナイキ」販売店で取り扱う。

 伸縮性と通気性を兼ね備えた素材を用い、体になじむプロダクトを製作。メンズはフーディージャケット(2万円)やトラックジャケット(1万4000円)、トラックパンツ(1万2000円)、ウィメンズはパーカ(1万3000円)とスカート(8000円)をラインアップする。

 同コレクションのビジュアルには、米・アメリカンフットボール選手のオデル・ベッカム・ジュニア(Odell Beckham Jr.)や、NYを拠点に活動するBMX選手のナイジェル・シルベスター(Nigel Sylvester)を起用した。

 “テックパック”は07年に登場して以来、イノベーションを1つの柱としてスポーツとオフスタイルの融合を提案してきた。これまでに、アスリートのためのテックフリースやテックニットなど、人体に焦点を当てた機能的なアイテムを生み出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら