ファッション

「ナイキラボ ACG」が2018年サマー・コレクション シームレス素材を使用したアイテムが初登場

 “あらゆる環境に対応するギアのような服(ALL CONDITIONS GEAR)”をコンセプトにナイキ(NIKE)が手掛けるコレクション「ナイキラボ ACG(NIKELAB ACG)、以下ACG」は5月17日、2018年サマー・コレクションを発売する。「ナイキ」の公式オンラインストアと旗艦店ナイキラボ MA5、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、「ナイキラボ ACG」一部取り扱い店舗で販売する。

 今回のサマーコレクションでは、“ゴアテックスの実用性”“フリースの通気性”“パンツの動きやすさ”をテーマに、通常は寒い気候で活躍する素材を使用した。コレクションを象徴するゴアテックスを用いたジャケット(6万円)や取り外し可能な袖が付いたアウターガーメント(6万円)、首の周りにメッシュを使用したフリース素材のウィメンズ用のフーディー(2万1000円)、タンクトップ(6000円)などを用意。これらに加え、動きやすさを重視して伸縮性ポケットを採用したカーゴパンツ(2万5000円)や、「ACG」では初となるシームレスのニット素材を取り入れたカーゴショーツ(1万7500円)なども登場する。

 同コレクションについて、「ACG」デザインチームのヨハンナ・シュナイダー(Johanna Schneider)は「ゴアテックスは保護性と通気性の両方に長け、365日使える素材。ビーチハウスで1日を過ごす人も快適に着られるように、夏らしいシルエットに仕上げた」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら