ファッション

グライムシーンの雄、スケプタと「ナイキ」が再びコラボ “エア マックス 97 / BW SK”を発売

 イギリスのグライムシーンをけん引するスケプタ(Skepta)と「ナイキ(NIKE)」が、昨年8月以来2度目となるコラボスニーカー“エア マックス 97 / BW SK(AIR MAX 97 / BW SK)”を発売する。

 同モデルは前回同様、“エア マックス 97”をベースとし、“エア マックス BW”のエアを採用するなどしたハイブリッドモデル。“エア マックス BW”がグライムのジャンルを確立したといわれているディジー・ラスカル(Dizzee Rascal)のアルバム「Boy in da Corner」で着用されていたことから着想した。

 カラーはホワイトをベースに、スウッシュやエア、シューレースに施されたスペックルパターンが左はブルー、右はレッドのトリコロールを思わせる配色となっている。これは“エア マックス BW”が初めて発売された91年当時、同スニーカーがパリで人気を博していたことに由来している。

 5月14日にパリの街中のあらかじめ指定された場所に行き、カメラを向けるとAR機能でスニーカーが浮かび上がって購入権利を得ることができるアプリ「SNKRS Stash」を介して先行販売される。19日からはパリの「ピガール(PIGALLE)」をはじめとした一部店舗でも取り扱いを開始する。日本でも「ナイキ」の一部取り扱い店舗で近日中に販売する予定だ。

 メーンビジュアルは、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」などの広告写真も撮影する気鋭フォトグラファーのジョニー・デュフォー(Johnny Dufort)が撮り下ろした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら