ファッション

日本発のインナーダウン「タイオン」海外進出に本腰 「エンジニアド ガーメンツ」とのコラボやパリの有名店に限定店

 名古屋でアパレルのOEM(相手先ブランドの生産)を行うD.O.Nのオリジナルインナーダウンブランド「タイオン(TAION)」はパリのセレクトショップ、メルシー(MERCI)の隣にコンセプトショップを11月1日にオープンする。メルシーとコラボレーションしたダウントートバッグや小物などの限定商品、定番のインナーダウン、充電バッテリーなどをそろえる。タバコ屋を改装した店内にはカラフルなダウンの収納袋を壁に並べ、コラボ商品が出てくる大型のガチャガチャを配置するなど、遊び心のある空間を演出する。

 また同店では、2018年に立ち上げた機能性に特化したライン“タイオン エクストラ(TAION EXTRA)”から「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」とのコラボレーションセットを数量限定で販売する。価格は300ユーロ(3万6000円)。袖が着脱式になっており、ヒーティングシステム(充電バッテリーをつなぐことでヒート板が加温されるシステム)が付く。フードには「エンジニアド ガーメンツ」のロゴが入る。日本では店頭販売せず、「メルシー」のオンラインストアで購入可能だ。

 「タイオン」は2016年からスタートしたインナーダウンに特化したブランドで、ビームスやアーバンリサーチなどの国内セレクトをはじめ海外にも卸先を広げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら