ビジネス

倒産&がんを乗り越えた元ファッション社長の回顧録【第4回】

有料会員限定記事

 倒産により2016年、ニットを主軸とするオリジナルブランドなどを手掛けるイエリデザインプロダクツ(以下、イエリ)を失っただけでなく、同時期に胃がんの宣告を受け人生のどん底を経験した手塚浩二。一度は全てを失い、今再起する彼は、当時の失敗・その後の苦闘・これからの展望・そしてファッション業界の将来をどう考えるのか?(この記事はWWDジャパン2019年7月15日号、22日号からの抜粋です)

 身を売ったイエリ、譲れなかった条件がん克服後も、2014年まで売り上げを伸ばしたイエリでしたが、15年、ついに赤字を計上しました。SPAが台頭しニット市場にも影響が出ていたにもかかわらず、対策を講じなかったことが要因でした。

この続きを読むには…
残り2139⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら