ファッション

東京・丸の内に大人の男のセレクトショップがオープン コロネットが運営の“コト訴求”

 インポーターのコロネットは9月5日に、東京・丸の内仲通りにセレクトショップ、エディット ウェアハウス(EDIT WAREHOUSE)をオープンする。イタリアのメンズブランド「ボリオリ(BOGLIOLI)」店舗の跡地で、店舗面積は72平方メートル。

 イタリアのテーラードブランド「ラトーレ(LATORRE)」、機能性に優れた素材使いで名高いイギリスの「グレンフェル(GRENFELL)」、オーストリア・ウイーンで誕生した「ブリューワー(BREUER)」、ニットアイテムが有名なイタリアの「アンドレア フェンツィ(ANDREA FENZI)」などコロネットが手掛けるドレススタイルブランドを中心に、「グッチ(GUCCI)」「エルメス(HERMES)」「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」「リーバイス(LEVI’S)」など世界で買い付けた有名ブランドのビンテージアイテムも販売する。店名の通り、さまざまなブランドを編集した倉庫がコンセプトだ。またブランドや着こなしについて、約1カ月ごとにテーマを変えてポップアップストアなどイベントを行う。

 同社は「面白みのあるコンセプチュアルなアプローチで、“コト訴求”を意識した新セレクトショップだ。いつ来店しても新鮮で楽しんでいただける」と話した。

 初年度売り上げ目標は非公表。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら