ニュース

コロネットがイタリア発ダウンブランドの取り扱いスタート

 コロネットは、伊藤忠商事が日本における独占輸入販売権を獲得したイタリアのアウターブランド「ムーレー(MOORER)」のウィメンズアパレルの販売を2018-19年秋冬シーズンから開始する。メンズは2018年春夏からスタートしている。

 「ムーレー」はダウンジャケットの製造業を受け継いだモレノ・ファッチンカ―ニ(Moreno Faccincani)が1999年にイタリア・ヴェローナで創業したラグジュアリーアウターブランド。主力のダウンジャケットは、最高レベルのホワイトグースのダウンを使用し、軽量でありながら保温性の高さを実現している。

 全ての商品はイタリア製でボタンやファスナーは特注品を使用するなど、細部のデザインにまでこだわっている。16年11月にはイタリア・ミラノのスピーガ通りに旗艦店をオープンした。

 30~50代のファッション感度の高い消費者をターゲットにし、全国の百貨店、専門店、セレクトショップを中心に販売する。価格帯は、ダウンコートが15万~50万円。ダウンジャケットが15万~40万円。