ニュース

穀物がフレグランスに!? 「ジョー マローン ロンドン」の限定コレクション

 フレグランスブランド「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」は限定コレクション「イングリッシュ フィールズ」を3月2日に発売する。5種の香りがラインアップし、価格は各8400円。

 着想を得たのはイギリスの田園風景で、香りの主役となったのは小麦やコーンフラワーなどの穀物だ。「穀物を主役にするのは私にとって初めて。まさか香料にするなんて」とマティルデ・ビジャウイ(Mathilde Bijaoui)=マスター調合師もびっくりのコレクションとなった。「オート&コーンフラワー コロン」はスモーキーなベチバーをベースに、収穫されたばかりのオート麦とコーンフラワーにヘーゼルナッツをミックス。「グリーンウィート&メドウスイート コロン」は小麦のフレッシュな香りと、ハーブの一種であるメドウスイートのソフトな甘い香りを合わせ、グレープフルーツの酸味をミックスした。

 田園風景の中に咲く花々の香りも登場。ポピーやスミレ、フルーティーなブラックカラントにパウダリーなホワイトムスクを調合した「ポピー&バーリー コロン」や、ベースのライ麦とバニラにミモザやプリムローズを加えた「プリムローズ&ライ コロン」がラインアップ。さらに田園の養蜂箱を連想させるハニーにイングリッシュラベンダーとクロッカスの花をブレンドした「ハニー&クロッカス コロン」もそろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら