ファッション

狙いは“自分と近いアカウント”  フォローバックされるフォローの仕方

 Mamiです。アカウントを開設して2週間が経ちました。2月19日現在のフォロワー数は260台。1週間で約90のフォロワー増です。

 初回の記事で、“インスタ映え”するバランスのいい投稿と、“いいね”付けがフォロワーを増やすための2大重要項目だと述べました。今回はそれに加えて、「自分からのフォロー」についてお話ししようと思います。

 自分からのフォローというのは、フォローバックをもらいフォロワーを増やすための行動です。仕組みとしては簡単なことですが、フォローするアカウントもそれなりに見極めが必要です。自分に関心を持ってくれそうで、できるだけ投稿画像のイメージが自分と近いアカウントを狙ってフォローします--が、そう簡単にはフォローが返ってきません。私のフォローするアカウントの判断基準がイマイチなだけかもしれませんが、私の場合、10フォローで1返ってくるかな?といった様子。おそらくこれは、まだ自分がコツをつかめていないことが原因かと思います。

 投稿の方は変わらず大変で、毎日ネタ切れに悩まされています。予定のない1日は以前だったらずっと家で映画を観たり……とインドアな生活をしていましたが、先日とうとう"インスタ映え"を求めて出かけました(笑)。

 “インスタ映え”するカフェで、“インスタ映え”を狙って写真を撮ってもらうという、普段の私ならしないであろう行為に、まぁまぁの羞恥心を感じながら友人にたくさんシャッターを切ってもらいました。インスタグラマーって大変だなぁって、つくづく感じた2週目でした。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BfcfFfiD3BE/"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら