ニュース

「エコー」の3Dプリンターで作るカスタマイズシューズ 世界初の常設店が伊勢丹新宿本店にオープン

 デンマークのコンフォートシューズ「エコー(ECCO)」は8月28日に、伊勢丹新宿本店婦人靴売り場のリニューアルに合わせて、同売り場でカスタマイズシューズサービス“クアントゥー(QUANT-U)”を開始する。同店が世界初の常設店になる。

 “クアントゥー”は店内で足を立体的にスキャンし、歩行パターンを計測・解析。その後、店内に置かれた3Dプリンターでミッドソールを作る。店頭で計測・解析・製作まで約60分という短時間で行うサービスはほかにはない。

 足形や歩き方の癖に基づきその人のためにデザインされたミッドソールは、専用シューズ“ソフト エイト クアントゥー エディション(SOFT 8 QUANT-U EDITION)”に装着して提供する。価格は、3D足形計測、シリコン製ミッドソール製作、カスタマイズされたミッドソールを装着する専用シューズの3つセットで7万6000円(全8色)。ハイカットシューズの価格は8万円(白・黒)。

 “クアントゥー”は2月に伊勢丹新宿本店メンズ館で5週間、その後、松坂屋名古屋店で4週間のポップアップイベントを行った。犬塚景子エコー・ジャパン社長は、「いずれも成功を収めた。AIを用いた新しい技術によって、大学教授や医療関係者といった層からも支持を得た。また一緒に並べたインラインの商品も売れた」と胸を張る。「地方からのお客さまも多く、4足購入するようなリピーターもいた。“クアントゥー”のポテンシャルは高い」と続ける。

 犬塚社長は3年前から“クアントゥー”の技術に注目し、その実用化を本社と推進してきた人物でもある。「健康であるためには自分の体を知ることが重要で、“クアントゥー”を通じて、自分の足を知るきっかけになれば。歩くことは基本動作であり、それを数値化して体や癖にマッチさせていくことで、日本人の足を作りたいという思いで取り組んでいる。正しい価値、新しい価値観を提供したい」と熱く語る。「エコー」のイノベーションラボがあるオランダに常設店はないが、その計測技術と歩行時の詳細な分析が評価され、同国では医療用としても用いられている。

 現在、3Dプリンターやトレッドミルなどを置くスペースなどの問題から多店舗展開が難しい。「来年には“クアントゥー”のサービスを提供する旗艦店を東京都内に開く。例えば、地方店で計測のポップアップストアを開いて、データを東京の旗艦店に送り、後日仕上がったシューズを発送する仕組みを作れば、さまざまな場所でサービスを提供することも可能になる」と言う。来年にはさらに進めて、“クアントゥー”のサービスを用いたゴルフシューズとメンズのビジネスシューズを発売予定だ。「見た目はビジネスシューズだけれど、スニーカーの履き心地を提供する。実は、“クアントゥー”は『エコー』のカスタマイゼーション技術の第1フェーズでしかない。今後さらなるサービスを行う予定で、期待していただきたい」と話した。