ファッション

「バルミューダ」が新サーキュレーター発売 コンパクトなサイズでコードレスにも対応、脱臭機能も

 「バルミューダ(BALMUDA)」は、空気を循環させるサーキュレーターの新作“グリーンファン シーツー(GREENFAN C2)”を7月10日に発売する。価格は2万2600円。現在、公式オンラインストアや「バルミューダ ストア」松屋銀座店をはじめ、各種取り扱い店舗で予約受付中。来年は韓国でも発売予定。

 同商品は、二重構造の羽根と独自のダクトファン構造により、自然界の風を再現する同社の特許技術「グリーンファンテクノロジー」を搭載したグリーンファン(GreenFan)シリーズの新作。“もっとも自由な風”をコンセプトに、持ち運び可能なコンパクトなサイズ(幅320mm、奥行き230mm、高さ340mm)と、別売りバッテリー(9800円)によるコードレス使用に対応する。また、活性炭素を使用した脱臭フィルターを搭載し、気になる匂いを素早く除去する脱臭機能も付した。冷暖房による温度調節の効率化に使用するのはもちろん、エアコンが効きにくいキッチンに持ち込んだり、部屋干しの乾燥機として使用したりと、さまざまなシーンで活用できる。

 発売に先駆け3日、メディア向けに商品発表会が行われた。寺尾玄バルミューダ社長は、「場所とシーンを選ばない高い機能と美しいプロポーションをかね備えた“便利で可愛いヤツ”。デザインでイメージしたのは映画『スターウォーズ(STAR WARS)』に登場するR2-D2。あの愛嬌のある雰囲気を、広めにとった台座との幅や台座の曲がり具合で表現した」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら