ファッション

TASAKIがアイコンデザイン“バランス シグネチャーリング”の立体商標を登録

 ジュエリーブランドTASAKIは、アイコンジュエリーである“バランス”シリーズの“バランス シグネチャーリング”の形状に対し、特許庁による立体商標を登録した。同登録は商品形状そのものを対象とする。

 立体商標とは、商品やサービスの自他商品識別力がある立体的な形状を「商標」として登録し、保護するもの。今回の登録により、パールを直線状に並べた“バランス シグネチャーリング”の立体的形状が、ブランドのロゴや刻印がない場合でも「TASAKI」の商品であると広く一般的に認識されるものであると公式に認められたことになる。

 同シリーズは、デザイナーのタクーン・パニクガル(Thakoon Panichgul)がバランスボールから着想を得て生み出したデザインで、ミニマルでモダンなフォームが特徴だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら