ニュース

「ケンゾー」のウンベルトとキャロルが退任 「オープニングセレモニー」に専念

 「ケンゾー(KENZO)」のクリエイティブ・ディレクター、ウンベルト・レオン(Humberto Leon)とキャロル・キム(Carol Lim)が6月23日のパリでのメンズコレクションを最後に、7月1日付で退任する。自身らが運営するオープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)事業に専念するという。後任は未定だ。

 8年の在任期間中、ウンベルトとキャロルは虎の刺しゅうといったアーカイブを現代的に再解釈したり、「ヴァンズ(VANS)」や「H&M」とコラボするなど、「ケンゾー」をコンテンポラリーブランドとして刷新した。

 シルヴィ・コリン(Sylvie Colin)最高経営責任者は「2人はコレクションやファッションショー、広告や特別なプロジェクトを通じて新しい世代のクリエイティブな人々とつながることで、ブランドにインクルージョン(包括性)とダイバーシティー(多様性)をもたらした」とコメントをした。「彼らは常に顧客目線を大事にし、現代におけるクリエイティブ・ディレクターの役割の開拓者でもあった。新たな門出を祝いたい」。2人は創業者である高田賢三とも親交が深かった。

 2011年に現職に就任して以来、2人は「ケンゾー」を2ケタ成長させてきたとされている。業界筋は年間売上高を3億〜4億ユーロ(約366億〜488億円)とみている。