ファッション

AMIAYAがフツウに見える 「モスキーノ」20年プレはLAでエンタメ溢れるホラーショー

 「モスキーノ(MOSCHINO)」は7日、米国カリフォルニアのユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(USH)で2020年プレ・スプリング・コレクションと2020年春夏メンズコレクションを発表した。USHはテーマパークを併設した世界最古の映画スタジオで、ロサンゼルス市内から車で1時間ほどの場所にある。

 ここ数年、ラグジュアリー・ブランドの多くがプレ・スプリング・コレクションを世界各地で開いているが、「モスキーノ」は2018年からイタリアと米国LAで交互に発表している。これはデザイナーのジェレミー・スコット(Jeremy Scott)が、自身が暮らし働くLAとイタリアの両方を盛り上げたいという思いから。USHでは過去に何度も仕事をしているという。

 ショー会場は広大なパークの奥で、招待客は入口からガイド付きの車に入りスタジオやセットの間を抜けて会場へたどり着いた。途中フランケンシュタインや狼男といったクラシックなモンスターたちが姿を見せて驚かせるサービス付きだ。

 ランウエイを作ったのは、典型的なアメリカの住宅街を再現した“コロニアルストリート”。「デスパレートな妻たち」などのテレビドラマでも使われたセットだ。夕暮れの街並みに、女性の悲鳴が響き渡るとショーがスタート。ハロウィンをテーマに、90ルックが街を行進する。いわゆる“フツウ”の人はいない。“これは魔女の帽子ではありません”というロゴが入ったどう見ても魔女みたいな女性や、フランケンシュタインの顔の手術跡をモチーフにしたレザーのセットアップを着る男性、毒クモを散らしたショッキングピンクのジャカードのコートなど。タイツはいずれもボロボロだ。

 ショーが進むにつれてホラー度は増してゆき、まるでハロウィンで遊んでいたら本物のモンスターになってしまったと言わんばかりだ。最後はジェレミーがミイラや骸骨、コウモリ男、ニタニタ笑うゴーストなどを引き連れて月夜の住宅街をかっ歩。「モスキーノ」のショーはいつでもエンターテインメント性に溢れるが、ここLAだと一層輝く。USHは夢の国、いや、夢を作り出す国。ジェレミーはそこの住人だと改めて気づかされる。

 なお、来場者のドレスアップもかなり個性的。日本からはAMIAYAが来場したが、彼女たちの全身ピンクの装いが派手には見えず、馴染んでいるくらいだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら