ファッション

アマゾンがファッションD2C事業 インフルエンサーデザインの限定商品を“ドロップ”

 アマゾン ファッション(AMAZON FASHION)は、各国の人気ファッションインフルエンサーがデザインした限定アイテムを販売するプロジェクト「ザ・ドロップ(THE DROP)」をスタートする。日本からのインフルエンサーは「ラウタシー(LAUTASHI)」デザイナーでモデルの鈴木えみ、アメリカからはインフルエンサーのパオラ・アルベルディ(Paola Alberdi)らが参加する予定だ。開始日について同社は公開しておらず、「近日中」としている。

 アイテムは全て受注生産。PCでは注文できず、「アマゾン」のショッピングアプリやモバイルブラウザ上で、新アイテム公開後30時間限定で注文を受け付ける。アイテムやプロジェクトの詳細などの情報はSMSのみで通知する。

 また、限定アイテムと組み合わせるための定番アイテムを用意。同商品はプロジェクト始動後、ショッピングアプリやPC、モバイルブラウザでいつでも購入が可能だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら