ニュース

アマゾンの無料試着サービス 進むファッションのAI化

 アマゾン ファッション(AMAZON FASHION)は、ファッション分野におけるプライム会員向けの新サービス“プライム・ワードローブ”を10月末に日本でスタートした。同サービスはアメリカで2017年6月末に導入済みで、服やシューズ、バッグ、時計、ジュエリーなどアマゾンで販売している数千のアイテムから3点以上、8点までの商品をまとめて取り寄せ、気に入ったもののみを購入できる。購入しないものは、配送から1週間以内であれば届けられた箱に詰め直し、同梱されている着払いの伝票で無料で返送できる。「初速は非常に順調で、お客さまからもご好評いただいている」とアマゾン ジャパンの広報は語る。

 ネット通販界での商品の試着・無料返送サービスは既に実施している企業も多いが、アマゾンでポイントとなるのは、アメリカで17年6月に一般販売が開始されたファッションのAIアシスタント「エコー・ルック(ECHO LOOK)」だ(日本では未発売)。同製品は、アマゾンの音声認識サービス「アレクサ(ALEXA)」とハンズフリー・カメラを内蔵。「写真を撮って」と指示することで全身の写真を撮影し、自身のコーディネート一覧を作成できる他、専用のアプリで2つの異なる服装の写真を比べ、どちらが良いかを採点するスタイル・チェック機能を搭載している。

 さらに、おすすめのスタイルを「エコー・ルック」に聞くことも可能で、提案されたアイテムをアマゾンで購入することもできる。似合う服を「エコー・ルック」に教えてもらい、「プライム・ワードローブ」で複数のサイズや種類のアイテム取り寄せ、気に入ったもののみを購入することができる。「エコー・ルック」にデータを蓄積していけば、サイズが合わないなどの問題も解決できるだろう。今後、「エコー・ルック」が上陸すれば、日本での服の買い方も変わるかもしれない。