ニュース

「クロエ」がパリ以外で初のランウエイショー 6月に上海で

 「クロエ(CHLOE)」は2020年プレ・スプリング・コレクションのランウエイショーを6月5日に上海で開催する。「クロエ」がパリ以外の都市でランウエイショーを開催するのは1952年の創業以来これが初めて。また、プレ・コレクションをランウエイショー形式で発表するのもブランドとして初めてになる。

 ジェフロワ・ドゥ・ラ・ブルドネイ(Geoffroy de la Bourdonnaye)=クロエ最高経営責任者(CEO)は同イベントは現時点では1度きりとしつつ、「プレ・コレクションをショーで見せる戦略というより、中国のクロエガールズたちのために中国で何かをしたかった」と語る。ナターシャ・ラムゼイ・レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)=クリエイティブ・ディレクターは1月に上海を訪れてインスピレーション源を探したほか、100%中国人で構成されているという中国の現地法人とアイデアを練ったという。

 上海でランウエイショーといえば、昨年11月に「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」が中国で炎上し、上海で予定していたショーが開催数時間前にキャンセルされた例があるが、ドゥ・ラ・ブルドネイCEOは、「私はウォルト・ディズニー(WALT DISNEY)やペプシ(PEPSI)といった大企業で働いてきて、ある地域でパワーを持つには、何をするにも各地域の文化のアイデンティティーを考慮に入れることがグローバルブランドの基礎となることを学んだ。本国から来た人材だけでは、トップダウンのコミュニケーションになってしまう。一方でその地域や文化に根差した人々がいれば、相互のコミュニケーションができる」と話す。

 さらにドゥ・ラ・ブルドネイCEOは、中国の消費者が「クロエ」の売上高の非常に重要な部分を担っているとし、「中国は他の地域よりも速いスピードで拡大している。その第1の理由は、われわれは中国で過小評価されていたため、第2に、中国政府が国民に外国で消費するのではなく中国国内で消費することを奨励しているためだ。中国の旧正月の期間中、中国語圏以外のインバウンド消費とは対照的に中国語圏で中国人の消費が増加した」と明かす。

 中国で17店舗を構える「クロエ」は、3月29日に北京のチャイナ ワールド モール(CHINA WORLD MALL)の店舗をリニュアルオープンし、上海のIFCモールにも新店をオープンしたほか、西安のSKP百貨店にも昨年6月に出店している。今後の出店計画についてドゥ・ラ・ブルドネイCEOは、「現在中国の第1級、第2級の都市の9割に出店しているが、中国市場の成長に合わせてわれわれのネットワークも拡大していくつもりだ」としている。