ファッション

「グッチ」2020年プレ・スプリング ショーの舞台はローマのカピトリーノ美術館

 「グッチ(GUCCI)」は5月28日、2020年プレ・スプリング・コレクションをイタリア・ローマのカピトリーノ美術館で披露する。

 会場となるカピトリーノ美術館は、古代ローマ時代の像や碑文、中世やルネサンスのアートや宝石などを展示する。19年プレ・フォール・コレクションを南イタリアのポンペイ遺跡、ヘルクラネウム遺跡、セリヌンテ遺跡で撮影したことからも分かるように、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターはここのところ“ジ・オールド・ワールド(The Old World、旧世界)”に関心を持っている。そのため、会場は彼の関心に基づいて選定されたという。

 通常、プレ・スプリング・コレクションは、メインコレクションの発表の場とは異なる国や地域で開催されることが多い。「ディオール(DIOR)」は4月29日にモロッコ・マラケシュで、「シャネル(CHANEL)」は5月3日にメインコレクション同様、パリのグラン・パレで、「プラダ(PRADA)」と「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)はそれぞれ5月2日と8日にニューヨークで、「マックス マーラ(MAX MARA)」が6月3日にドイツ・ベルリンでコレクションを発表予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら