ファッション

ナノ・ユニバースの新本社オフィス 内装はNYのホテル風

 ナノ・ユニバースは本社を移転し、3月から新オフィスでの業務を開始した。旧本社と同じ渋谷・神南にあるビルの2〜7階で、面積は1683平方メートル。これまで神南の4カ所に分散していた本社機能を1カ所にまとめ、約150人がコミュニケーションを密にしながら働ける環境を作る。

 ニューヨークのリノベーションホテルから着想を得て設計した。白やグレーを基調にしながらフロアごとに印象を変え、机や椅子、照明、室内装飾も選び抜いたものを採用した。床や壁などの内装のポイントになっているタイルは60種類。女性用のパウダールームはフロアごとに水回りや床や壁のデザインを変える凝りようだ。最上階の7階にミーティングスペースを設け、各フロアにも休憩や打ち合わせができるスペースを配することで、社員相互の行き来を促す。

 内装デザインを手掛けたのは同社の濱田博人社長だ。海外のホテルやレストラン巡りを趣味にしており、その知識を総動員した。「もちろん建築や設計は素人だけど、(サンエー・インターナショナルやTSIホールディングスで)店舗開発担当を長くやっていたので、予算を抑えてオシャレな内装を実現する方法は熟知していた」と言う。タイルなどの資材も自ら探し、キャビネットの一部は「イケア(IKEA)」で購入した。「内装にかかる費用は通常より大幅にカットできた」と胸を張る。

 ナノ・ユニバースは数年にわたる構造改革が実を結び、2019年2月期業績は営業利益で過去最高を達成する見通し。新本社への移転を機に、成長戦略に本腰を入れる

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら