ファッション

ナノ・ユニバースが受注生産型の新商品、シタテルとタッグ

 ナノ・ユニバース(NANO UNIVERSE)は15日、衣服生産プラットフォームを提供するシタテル(sitateru)と組んで受注生産型の新商品を発売する。まずは“オフィスでも快適なセットアップスタイル”をテーマに、ジャケット(2万円)やパンツ(1万5000円)、コート(2万6000円)、Tシャツ(5800円)、ポロシャツ(9500円)といったアイテムを用意。特設サイト限定で受注を開始し、予定数に達した商品から生産を開始する仕組みだ。

 生産にはシタテルが今年開発した衣服の生産一体型コマース「スペック(SPEC)」を初導入する。「スペック」は受注から生産までをワンストップで管理できるECシステムで、在庫リスクと生産管理コストをなくした受注生産を可能にしている。

 シタテルは2014年3月に創業。ファッションブランドやセレクトショップ、小売企業、企業用ユニホーム・グッズ製作など、あらゆるクライアントの生産サポートと服作りの最適なマネジメントサービスを行う。現在7600ブランドが利用登録をしており、500を超える縫製工場とのマッチングを実現している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら