ニュース

衣服生産プラットフォーム「シタテル」が数億円規模の資金調達

 衣服生産プラットフォーム「シタテル(sitateru)」を提供するシタテル(熊本市、河野秀和・社長)が既存株主のオプトベンチャーズや三菱UFJキャピタル、スパイラル・ベンチャーズ・ジャパン・LLP、FFGベンチャービジネスパートナーズなどからビジネス拡大のための“シリーズB”となる資金調達を実施したことを発表した。

 調達額は非公表だが、数億円規模とみられる。調達した資金はサプライチェーン最適化に向けたシステム開発や工場・サプライヤー向けの最適なオペレーションツールの開発、新コミュニティー・プラットフォームの構築などにあてるとしている。

 シタテルは2014年3月に創業。ファッションブランドやセレクトショップ、小売企業、企業用ユニホーム・グッズ製作など、あらゆるクライアントの生産サポートと服づくりの最適なマネジメントサービスを行う。現在7000社が利用登録をしており、400を超える縫製工場とのマッチングを実現している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら