ビジネス

豊島が東大発ベンチャーのゼノマに出資 スマートアパレルの実用化を後押し

 繊維商社の豊島は、東京大学発のベンチャーでスマートアパレルを展開するゼノマ(Xenoma)の第三者割当増資を引き受ける。ファッションテック企業への出資を目的にしたCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)を活用する。出資額は非公表。

 ゼノマは東大大学院の染谷隆夫・教授が開発した伸縮性と耐久性を兼ね備えた布状のプリント基板の実用化を目指すベンチャー企業で、導電性のあるテキスタイルとアパレルを「イースキン(E-SKIN)」ブランドで展開している。同社の「イースキン」を使うことで、心拍などの生体情報をセンシングし、介護や作業現場などでの活用が期待されている。

 CVCを活用した豊島のファッションテックへの出資は、これで4件目。同社はカジュアルウエア分野のアパレルOEM(相手先ブランド生産)を中心に、ユニホームなども手掛けており、ゼノマへの出資により、既存の事業とのシナジーを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。