ニュース

繊維商社の豊島がファッションテックのファンド 年1億枚のアパレル生産の高度化狙う

 繊維商社の豊島が、ファッションテックへの出資を目的にしたファンドを設立した。ファンドの名前と規模は非公表で、国内外のベンチャー企業へ出資する。ファンドは1月に設立、すでに出資なども行っている。ファンドは事業会社がシナジー効果を狙って設立するコーポレート・ベンチャーキャピタルと呼ばれるもので、同社が全額を出資する。豊島はファンドを設立することで、よりスピーディーな出資やソリューション開発を進め、主力のODM(相手先ブランドの企画生産)でも、出資先のファッションテックの技術やサービスと連携させる。

 投資先はAI(人工知能)をはじめとした最新のテクノロジーを、ファッション関連の流通やサービスを提供するファッションテック企業で、基本的にはマイノリティ出資になる。

 豊島は年商約1800億円の繊維商社大手で、アダストリアなどの有力カジュアルチェーンのODMを手掛け、年間約1億枚のアパレル製品を供給してきた。ブランドや小売業者へのODMは、同社をはじめとした繊維商社の主力事業になっており、競争が激しくなっている。また、生産地も中国やASEANなど多地域間にまたがり、生産管理が複雑になる中で、ITを駆使した新たなサプライチェーンの構築が求められていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

業界の垣根を超えたマッチング企画 あの企業、あの人へのラブレター

「WWDジャパン」9月28号は、「業界の垣根を越えたマッチング企画 あの企業、あの人へラブレター」特集です。「ONE WWD JAPAN」としてファッションとビューティを一つにすることを掲げる私たちは、両業界の懸け橋となるべく企画を実施。業界の垣根を越え、どんな企業や人と組みたいかを募ったところ、総勢33ものファッション&ビューティ業界人とブランドが、熱い思いを手紙や色紙で表現してくれました。新た…

詳細/購入はこちら