ニュース

ファッションテックのSOVが1億8000万円を調達 豊島などが出資

 ファッションアプリ「クローゼット(XZ)」を運営するスタンディングオベーション(SOV)はこのほど、第三者割当増資などにより1億8000万円の資金調達を行った。既存株主のアイスタイルが追加出資する他、新たな出資者の中には繊維商社豊島系列のファンドであるファッション&テクノロジー1号投資事業組合や、世界的なデザインコンサルティング会社のアイディオ(IDEO)のファンドなども含まれており、これまで既存のファッション・ビジネスの中でフォーカスされなかった“タンス在庫”を含めた、オンラインクローゼット化を推進する。

 「クローゼット」は、約3兆円と言われるユーザーの手持ちのウエアとコーディネートをネット上で共有するオンラインクローゼットアプリ。荻田芳宏スタンディングオベーション社長は、「コーディネートアプリとの最大の違いは、ユーザー自身のワードローブが起点になっていること。そのためユーザー自身がリアリティを持ってコーディネートの力を磨くことができる」と語る通り、アプリを活用することで、ユーザー自身が新たな着回しの仕方を発見するなど、個人の着回し能力やコーディネート力をアップさせる、ファッション版の「クックパッド」。現在アプリ上には60万点のコーディネート案がアップされ、ユーザー間でのコーディネートのQ&Aも回答数が12万件に達している。

 スタンディングオベーションは出資を受け、アプリの開発・運営体制を強化するとともに、自社メディア“クローゼットデイズ(XZ days)”を強化する。今回の資金調達により、資金調達の累計は3億5000万円になった。