フォーカス

今すぐダウンロード!注目度急上昇中のファッションアプリ4選

「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」からフリマアプリまで、スマホ経由で、いつでもどこでも気軽にショッピングできるファッションEC時代が到来している。そんな中で、新コンセプトのファッションアプリが登場している。ここ最近リリースされた注目のファッションアプリを紹介する。

「ファブリカ(FAVRICA)」

欲しい服を最短で発見 「ファブリカ」は、好きなブランドをフォローするだけで、欲しいアイテムを見つけられるアプリ。強みは、使い勝手のいいインターフェイスと自社の優秀なエンジニアが開発した独自のアルゴリズムを備えた強力な検索エンジンだ。本格的なサービス開始は6月で、ツイッターやフェイスブックなどの口コミでユーザーを集め、ダウンロード数は5万人を突破した。同アプリを立ち上げたヒースローは、慶応大学SFC出身の杉崎正哉・社長(29)が、2012年に同級生らと創業した。これまでは大手企業のサーバー管理やデータベース管理などを受託してきたが、「ファブリカ」の本格的な立ち上がりに際し、このアプリに業務を集中するという。

「クローゼット(XZ)」

目指すはファッション版クックパッド “着回し”に注目したアプリ 自宅のタンスに眠る服を有効活用できるアプリが「クローゼット」。最大の特徴は、これまでのコーディネートアプリとは異なり、ユーザーの手持ちの服の有効活用を主眼に置いていることだ。博報堂、モバイルコンテンツ制作会社を経て、このアプリを立ち上げた荻田芳宏・社長は、「女性誌を見ると、“着回し”という言葉が非常に頻出していることに気がついた。コーディネートアプリは多いけど、ファッション消費を喚起することが目的になりがち。僕らのサービスの目的は、ユーザーがソーシャルネットワークを上手く活用することで、手持ちの新しい着回しと出合ってもらうこと」と語る。昨年9月にサービスを開始後、現在着回し術を公開する“ソーシャルクローゼット”上のアイテム登録数は20万点を突破。着回しアイデアの発見も3万5000回突破するなど、活用するユーザーや頻度は増え続けているという。