ビジネス

豊島がO2Oアプリのスタイラーに出資、CVCで2社目

 繊維商社の豊島は、O2Oアプリ「フェイシー(FACY)」を展開するスタートアップ企業のスタイラーに出資する。出資額は未公表。「フェイシー」は、店舗の販売員と最終消費者がSNSのような感覚で服や商品に関する質問を気軽にやりとりできたり、独自メディアを通じて商品を紹介したりすることで、これまで店頭に留まっていた膨大な接客データをオンライン化し、データ化している。豊島半七・豊島社長は「これからのODMビジネスには、最終消費者のデータが必要だと感じていた。ITを活用することで、本当に必要なものを作って売る、という新しいファッションビジネスに可能性を感じている」と語る。

 出資は、豊島が数十億円規模で運営するコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の一環。すでにタンス在庫の着回しを提案するアプリ「クローゼット(XZ)」を運営するスタンディングオベーション」への出資を明らかにしており、スタイラーへの出資はCVCとしては2番目になる。豊島社長は「ファッションビジネスはこの1年で大きく変わりつつあることを実感している。CVCを活用し、新たな発想を持つスタートアップと連携することで、時代の変化に対応する」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら