ファッション

ナノ・ユニバースが「ブリーフィング」とアパレルで協業

 ナノ・ユニバースのメンズブランド「ナノ・ユニバース ウィルラウンジ(NANO UNIVERSE WILL LOUNGE)」は、バッグの「ブリーフィング(BRIEFING)」とコラボしたアパレルを12月中旬に発売する。11月30日から、公式ECで予約を開始する。

 「ナノ・ユニバース ウィルラウンジ」は2018年春夏にスタートした、「大人の男性に必要とされる品とリラックス感を兼ね備えたような、ドレスとカジュアルの間の“空白地帯”を埋めるブランド」(濱田博人・社長)。30代以上をターゲットに、スポーツテイストを取り入れたアイテムを提案している。

 今回のコラボでは、「ブリーフィング」のミリタリーやトラベルのディテールを散りばめつつ、細身のシルエットや黒のブランドロゴなどのシックな要素を取り入れた。アウターでも3万円台という「ブリーフィング」コラボとしては値頃な価格も魅力だ。

 秋冬用のアウターはステンカラーコート(3万4000円)とマウンテンパーカー(3万5000円)の2種で、中綿にサーモライト、ブリーフィングのバッグを彷彿とさせる豊富なポケットを装備する。春夏用のアイテムとして、4ウエイストレッチのセットアップ(ジャケット2万4000円、パンツ1万6000円)、トラベルポーチがセットで持ち運びに便利なクルーネックTシャツ(6000円)、ナイロンテープの赤ステッチやキーリングが印象的なイージー素材のクライミングパンツ(1万4000円)などをラインアップする。19年6月には、今回発売するアパレルのストラップの付け替えなどを楽しめるバッグシリーズの発売を予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら