ファッション

「ディオール」のサングラスをインスタで試着 8日間で44万ユーザーが利用

 「ディオール(DIOR)」は2月26日、インスタグラム用の新しいAR(拡張現実)フィルターを公開した。インスタグラムのストーリー機能に付属しており、2019年春夏の新作サングラス“ディオール ソーライト(DIORSOLIGHT)”と、“クリスチャン ディオール ジャディオール(CHRISTIAN DIOR J’ADIOR)”の文字があしらわれたヘッドバンドを試着しているような体験ができる。背景には、同ブランドのアクセサリーや抽象的なモチーフが万華鏡のような動きで表示されるが、ユーザーの環境によって異なる模様になるという。開発はインスタグラムと英ビジュアルエフェクト会社のザ・ミル(THE MILL)が共同で行っており、「ディオール」は同フィルターをいち早く導入したファッションブランドの一つだ。

 このようなインタラクティブでカスタマイズ可能なフィルターを提供することで、ブランドはソーシャルメディア上でよりユーザー中心のコミュニケーションを図ることができるという。「ディオール」の2019-20年秋冬コレクション当日に公開されたこのARフィルターは、モデルのカーリー・クロス(Karlie Kloss)やナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)がそれを使用している写真などを投稿したこともあり、3月5日までの合計インプレッション数が260万以上となったほか、44万6127のインスタグラムユーザーが使用した。モラン・オルウォール(Morin Oluwole)=インスタグラム ラグジュアリー部門グローバルヘッドは、「ARはコミュニケーション戦略を刷新しようとしているラグジュアリーブランドにとってカギとなるだろう」とコメントした。

 「ディオール」は、「このフィルターを使うには当社のインスタグラムをフォローするか、当社のプロフィールからアクセスするか、誰かすでに使っている人のストーリーから試すしかない。ARフィルターはバイラル化(拡散)するように設計されているため、巨大な成長機会を秘めている」とコメントした。なお同ブランドは、18年9月にサングラス“ディオールカラークエイク(DIORCOLORQUAKE)”の試着体験ができるフェイスブックカメラ用のARフィルターを公開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。