ファッション

「ティファニー」が原宿キャットストリートのバンクギャラリーを常設店に 日本初のカフェもオープン

 「ティファニー(TIFFANY)」は4月19日、約3年の期間限定ながら常設のコンセプトストアを原宿のキャットストリートにオープンする。場所は、これまでさまざまなイベントが行われてきたバンクギャラリー。「ティファニー@キャットストリート」では、若い世代も気軽にジュエリーやブランドの世界観を楽しめるよう、商品を自由に試着できるスタイルスタジオやパーソナライゼーションカウンターのほか、最上階には日本初のカフェを設ける。

 安藤忠雄が設計したバンクギャラリーの未来的なファサードには、ティファニーブルーにネコのイラストのオリジナルロゴが配される。6層構造、売り場面積約470平方メートルの店舗は、既存店とは異なるデザイン。プッシュする商品は順次代わり、オープン当初はアイコニックな“ティファニー T”にフォーカス。ピンク&イエローサファイアやブルートパーズを配した新作を世界に先駆けて先行販売する。ストアロゴを刻印したシルバーのタグチャームや、シルバー&ゴールドのキーチャームも数量限定販売する。

 最上階のカフェでは、ホットドッグやブラウニー、コーヒーなど、アメリカ・ニューヨークを彷彿とさせるフード&ドリンクを提供。ティファニーブルーのドーナツやクッキー、映画「ティファニーで朝食を」を思わせるクロワッサンなども販売する。映画「ティファニーで朝食を」では、サングラスにブラックドレス姿の主演女優オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)が「ティファニー」本店の前でクロワッサンをかじるシーンがある。

▪️ティファニー@キャットストリート
オープン日:4月19日
時間:11:00〜19:00(カフェは11:30〜18:30で18:00ラストオーダー)
住所:東京都渋谷区神宮前6-14-5
定休日:不定休

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら