フォーカス

ファッション通信簿Vol.21 ダサくなって帰ってきた(!?)ジョナス・ブラザーズらのファッションを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジ!

 第21回は、再結成したジョナス・ブラザーズ(Jonas Brothers)の3人や、出演映画のプレミアに登場したブリー・ラーソン(Brie Larson)、ジュリアン・ムーア(Julianne Moore)、ケイト・ベッキンセイル(Kate Beckinsale)ら女優陣が登場。6年ぶりに新曲「Suckers」をリリースしてカムバックを果たしたジョナス・ブラザーズだが、彼らのファッションセンスはまだ戻ってこないようだ。