ファッション

ファッション通信簿Vol.17 安定のダサさを見せつけたジョナ・ヒルらセレブのフロントロースタイルを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジ!

 第17回は、1月15〜20日に開催された2019-20年秋冬パリ・メンズ・ファッション・ウイークと、21〜25日に開催された19年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークのフロントローから、フランク・オーシャン(Frank Ocean)、J. バルヴィン(J Balvin)、ジョナ・ヒル(Jonah Hill)、プシャ・T(Pusha T)、メイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbel)、クリステン・スチュアート(Kristen Stewart)、ケイト・モス(Kate Moss)の8人が登場。今回も“田舎のノームコア”から“安っぽく着こなす世界代表”まで痛烈ワードでフロントローのベスト&ワーストファッションをめった切りにする。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら