フォーカス

ファッション通信簿Vol.17 安定のダサさを見せつけたジョナ・ヒルらセレブのフロントロースタイルを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジ!

 第17回は、1月15〜20日に開催された2019-20年秋冬パリ・メンズ・ファッション・ウイークと、21〜25日に開催された19年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークのフロントローから、フランク・オーシャン(Frank Ocean)、J. バルヴィン(J Balvin)、ジョナ・ヒル(Jonah Hill)、プシャ・T(Pusha T)、メイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbel)、クリステン・スチュアート(Kristen Stewart)、ケイト・モス(Kate Moss)の8人が登場。今回も“田舎のノームコア”から“安っぽく着こなす世界代表”まで痛烈ワードでフロントローのベスト&ワーストファッションをめった切りにする。