ファッション

ファッション通信簿Vol.13 リタ・オラやスカヨハらセレブのレッドカーペットファッションを米「WWD」がめった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジしちゃいます!

 第13回は、米ロサンゼルスで11月11日に開催された第44回「E! ピープルズ チョイス アワード(E! People's Choice Awards以下、Choice Awards)」と、ニューヨークで12日に開催された2018年度「グラマーズ ウィメン オブ ザ イヤー(Glamour’s Women of the Year Awards以下、GWOTY)」のレッドカーペットなどから、ジャネール・モネイ(Janelle Monae)、スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)、アリシア・シルヴァーストーン(Alicia Silverstone)、リタ・オラ(Rita Ora)、ジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)、ジョン・レジェンド(John Legend)、ダレン・クリス(Darren Criss)、タイガ(Tyga)の8人が登場!いつもより辛口が目立った今回、最も低い評価だったセレブは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら