ファッション

ファッション通信簿Vol.12 エイサップ・ロッキーの“エリザベス女王コスプレ”を米「WWD」がぶった切り

 米「WWD」の人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジしちゃいます!

 第12回は、米ロサンゼルスのロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アート(Los Angeles County Museum of Art以下、LACMA)で11月3日に開催された2018年「アート+フィルム ガラ(Art+Film Gala)」から、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)、ゾーイ・クラヴィッツ(Zoe Kravitz)、キキ・レイン(KiKi Layne)が登場。その他、映画のプレミアなどに登場したラミ・マレック(Rami Malek)、ティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)、ダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)、エズラ・ミラー(Ezra Miller)ら女優や俳優のスタイルを厳しくチェック。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら