ニュース

ZOZOが物流センターを拡充 20年9月完成で取扱高7000億円規模に対応可能

 通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは、自社の物流センター「ゾゾベース(ZOZOBASE)」を拡張する。物流施設専門のデベロッパー、プロロジスが茨城県つくば市に開発中の「プロロジスパークつくば2」の約11万平方メートルの全フロアを賃借する。

 「プロロジスパークつくば2」の敷地面制は4万9600平方メートル、延べ床面積は11万800平方メートル、地上4階建てで、20年9月末の竣工を予定する。この拡張により、ゾゾベースの総面積の合計は公表ベース合計で43万平方メートル、取扱高で6000億〜7000億円の商品に対応できるようになる。

 ZOZOは2019年3月期で商品取扱高3270億円を計画。現在見直し中だが中期ビジョンでは、3年後の21年3月期に商品取扱高7150億円を掲げていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら