ニュース

「ゾゾタウン」が物流拠点を拡大、2018年秋までに現在の2倍に

 ファッションECサイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイは今後の商品取扱高の拡大に対応するため、2018年秋をめどにフルフィルメント業務全般を行う物流センターを大幅拡張する。物流施設会社のプロロジスが開発する新たな物流施設「プロロジスパークつくば1」(茨城県)の全フロア(地上4層・約7万平方メートル)を新たに賃借する。

 これに先駆けて、すでにある千葉県印西市の「プロロジスパーク千葉ニュータウン」の一部(約5万8000平方メートル)も7月から賃借する。合わせると、18年秋時点での合計物流拠点規模は約25万平方メートルになる見込み。現在の物流拠点規模は非公表だが、合計12万8000平方メートルを新設することを考えると、物流規模は18年秋までに約2倍になるとみられる。

 17年3月期時点の商品取扱高は2120億円。18年3月期の商品取扱高は前期比27%増の2700億円を見込む。同社は中長期的な目標として商品取扱高5000億円を掲げており、これに向けた物流施設の準備と推測される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら