ニュース

「ゾゾタウン」がつくばに新たな物流施設、19年秋本格稼働へ

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイは、プロロジスが新たに設立する大型物流施設「プロロジスパークつくば1-B」の全フロア(地上4層・約7万1000平方メートル)を賃借する。2018年5月に工事を開始し、19年秋の竣工を目指す。今後の流通量増加に対応するため。

 同社は先立って工事が進む「プロロジスパークつくば1-A」の全フロア(地上4層・約7万平方メートル)を賃借しており、18年秋の稼働を目指している。今回の新物流施設を合わせると、「ゾゾタウン」が持つ物流施設は約32万平方メートルとなる見込み。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら