ニュース

「スーパーボウル」のハーフタイムショーで、トラヴィス・スコットが新作コラボ“エア ジョーダン 6”と「LV」の新作ベルトを着用

 アメリカンフットボールの頂上を決める大会で1億人以上が視聴する米最大のスポーツイベント「第53回スーパーボウル(Super Bowl 2019)」が2月3日(現地時間)、ジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催された。「スーパーボウル」は毎年、試合前の国歌斉唱と前後半の間に行われるハーフタイムショーにも注目が集まるが、今年は国歌斉唱に“ソウルの女帝”グラディス・ナイト(Gladys Knight)が、ハーフタイムショーにロックバンドのマルーン5(Maroon 5)が登場した。

 マルーン5のライブの際にはラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)がゲスト出演。「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」のレザーパンツに「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」19-20年秋冬メンズコレの巨大ベルト“LOUIE BELT”を合わせ、「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」との新作コラボと思われる“エア ジョーダン 6(エア ジョーダン 6)”を着用し、人気曲「SICKO MODE」を披露した。

 “エア ジョーダン 6”は以前からウワサされていたモデルで、履き口に小さなポケットがあしらわれるなど、どこかミリタリーな雰囲気が漂う一足に。ヒール部分にはトラヴィスが主宰する「カクタス ジャック レコード(Cactus Jack Records)」のテキストがあることから、コラボは間違いないと思われる。発売時期や価格は未定だ。

 また、マルーン5のフロントマンであるアダム・レヴィーン(Adam Levine)も同じく発売がウワサされている「ジョーダン ブランド」とトラヴィスのコラボ“エア ジョーダン 1”を、ゲスト出演したアウトキャスト(OutKast)のビッグ・ボーイ(Big Boi)は“エア ジョーダン 3”を履き、グラディス・ナイトは「マイケル・コース」の白いドレスを着用していた。

 試合は、「ニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)」が13-3で「ロサンゼルス・ラムズ(Los Angeles Rams)」を下し、史上最多となる6回目の優勝を飾った。