ファッション

米「スーパーボウル」のハーフタイムショー ジャスティンは「ステラ マッカートニー」を着用

 米ミネソタ州ミネアポリスで2月4日に開催されたアメリカンフットボールの試合、第52回「スーパーボウル(Super Bowl)」で、ハーフタイムのパフォーマーを務めたジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)の衣装は「ステラ マッカートニー(STELLA MCCARTNEY)」によるものだった。

 ジャスティンのニューアルバム「Man of the Woods」からインスパイアされたデザインで、マーティン・リドリー(Martin Ridley)のアートワークがプリントされたオーガニックコットンのシャツに、チェックとカモフラージュ柄のウールのセットアップを合わせた。

 また、フィラデルフィア・イーグルスのチアリーディングユニホームは、ヴェラ・ウォン(Vera Wang)のデザインによるものだった。グリーンとブラック、ホワイトのサテンのフロントジップジャケットとレギンス姿のチアリーダーたちが試合を大いに盛り上げた。

 ウォンはファッションデザイナーを志す前にジュニアフィギュアスケートの選手として活躍しており、フィギュアスケート選手のナンシー・ケリガン(Nancy Kerrigan)やミッシェル・クワン(Michelle Kwan)などの衣装の他、2003年に著名デザイナーとして初めてNFLチアリーダーたちの衣装を手掛けた。

 「私はいつだってアスリートであり、多くの鍛錬をサポートする人であり、熱心なファンでもある。そして多くのアスリートの競技用衣装やウェディングドレス、レッドカーペット用ドレスをデザインできることをとてもありがたく思っている」とウォンは語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら