ファッション

転売で価格高騰の「シュプリーム」や「ナイキ」などを定価で再販するプロジェクトがスタート

 クリエイティブチームのボイドンは、「シュプリーム(SUPREME)」や「ナイキ(NIKE)」など、転売で価格が高騰したスニーカーやストリートウエアを購入し、定価で再販売するプロジェクト「Boy's Don't Resaleプレ値で買って定価で売るTV」をスタートした。販売ECサイトは2月中旬に開始する予定で、現在ユーチューブチャンネル、ツイッター、インスタグラムアカウントを開設。ユーチューブではECで販売する商品のレビュー動画を公開しており、ツイッターでは商品のプレゼントキャンペーンを行っている。

 同プロジェクトは転売目的の購入やリセール価格の高騰で、スニーカーやストリートウエアを中心に、一般消費者が手に入りづらい状況になっている問題に着目しスタート。入手困難な商品を動画でレビューし、詳細を伝えるとと共にECサイトで定価で再販売することを目的としている。

 しかし購入後、再度定価以上の価格で転売される可能性もある。同プロジェクトのツイッターアカウントでは商品の再転売防止策に対する意見を求めており、「アイテムの内タグにサインをする」などの意見が上がっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。