ファッション

「ビームス エフ」が「ミスターポーター」と協働でグローバルに販売

 ビームスのメンズレーベル「ビームス エフ(BEAMS F)」は、ユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP以下、YNAP)が運営するメンズラグジュアリー専門のオンラインストア「ミスターポーター(MR PORTER)」と協働してカプセルコレクションをグローバルローンチする。同コレクションはシャツやスーツの他、ニットやアウターウエアの31点で構成されており、1月28日から「ミスターポーター」で独占販売される。これを祝して1月12日にミラノでカクテルパーティーが開催され、設楽洋ビームス最高経営責任者(CEO)と遠藤恵司ビームス副社長が出席した。

 フェデリコ・マルケッティ(Federico Marchetti)YNAP CEOは、「ビームスとの継続的なパートナーシップを祝賀してパーティーを開催した。当社の顧客は世界中におり、これでようやく日本国外でも『ビームス エフ』の素晴らしい製品を入手できるようになる」と語った。

 フィオナ・ファース(Fiona Firth)「ミスターポーター」バイイング・ディレクターは、「ビームスとは長年にわたって親密な関係を築き上げてきた。当社で彼らのカジュアルブランドを取り扱っているので、ラグジュアリーブランドもぜひ取り扱いたいと思っていた」とコメントした。また「ミスターポーター」では、昨年からスーツなどの高級テーラリング事業の売り上げが伸びているという。

 カプセルコレクションは、テーラードスーツにアメリカと日本それぞれのカジュアルな雰囲気をミックスして仕上げられている。例えば、タバコブラウンのスーツに椰子の木がプリントされたシャツを合わせるなど、全体にリラックスしたスタイルだ。ファース=バイイング・ディレクターは、「当社には高級なスーツをスポーティーに着こなす顧客も多いので、ラグジュアリーとカジュアルの融合を得意とするビームスと協働することができてとても幸運に思っている」と語った。

 設楽社長は「スーツの本拠地に挑戦します!」と意気込みを自身のインスタグラムに投稿した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら