ファッション

「ヴォーチェ」が18年のベストコスメ発表 化粧水と乳液・クリーム部門でポーラが受賞

 講談社の美容誌「ヴォーチェ(VOCE)」は、「ヴォーチェ ベスト コスメティックス アワード2018(VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2018)」を発表した。ヘア&メイクアップアーティストや美容家、美容編集者など総勢58人が審査を行った。リップスティック部門やファンデーション・ベース部門、プチプラ部門まで、全10部門でそれぞれ1位を選出した。

 化粧水部門ではポーラの最高峰ブランド「B.A」の「Red B.A ボリューム モイスチャーローション」(9000円)、乳液・クリーム部門では同じくポーラの「B.A アイゾーンクリーム」(1万8000円)が受賞し、ポーラの台頭が目を引いた。

 その他スキンケアカテゴリーでは、資生堂の美白ブランド「HAKU」の「メラノフォーカスV」(1万円、編集部調べ)が美容液・オイル部門で、「THREE」の「クレンジングオイル」(4500円)が洗顔・クレンジング部門でそれぞれ1位となり、国産コスメブランドが目立った。

 ファンデーション・ベース部門では「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の「タンクッションエクラ」(9000円)が1位を獲得。リップスティック部門では「ディオール(DIOR)」の「ルージュ ディオール ウルトラ ルージュ 999」(4200円)が、リキッドルージュ・グロス部門では、「シャネル(CHANEL)」の「ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960」(4200円)が、アイシャドウ部門では「NARS」の「クワッドアイシャドー 3972」」(5800円、ECサイト限定)が選ばれ、メイクカテゴリーでは外資コスメブランドの選出が多く見られた。

 また、プチプラメイク部門では「インテグレート(INTEGRATE)」の「水ジェリークラッシュ」(2000円、編集部調べ)が、プチプラスキンケア部門では10月にリニューアルしたばかりの「オルビス U」の「オルビスユー ウォッシュ」(1800円)が選ばれた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。