ビジネス

LVMHの元幹部がトリー バーチのCEOに就任

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)で長年重役を務めてきたピエール・イヴ・ルーセル(Pierre Yves Roussel)が、トリー バーチ(TORY BURCH)の最高経営責任者(CEO)に就任する。

 ルーセルは2018年初めにLVMHファッショングループ(LVMH FASHION GROUP)会長兼CEOを退任し、その後はベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼CEOの特別アドバイザーとしてグループに残るとされていた。

 ルーセルはデザイナーのトリー・バーチ(Tory Burch)と長年交際を続け、16年に婚約し、数週間前に挙式したばかりだ。自社の会長兼CEOを務めるバーチは今年、メキシコ拠点の投資会社トレサリア キャピタル(TRESALIA CAPITAL)から自社株を買い戻し、自社のコントロール権を強めている。

 トリー バーチのCEO職は、ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)のCEOに就任予定のジョン・ミハス(John Mehas)前トリー バーチ社長が11月下旬に同職を辞任して以来空席となっていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら