ファッション

青山ブックセンター六本木店の跡地に書店「文喫」 入場料1500円の“長時間滞在型”

 日本出版販売(以下、日販)のブックディレクション事業「ユアーズブックストア(YOURS BOOK STORE)」は12月11日、入場料1500円を設けた長時間滞在型の書店「文喫(ぶんきつ)」を青山ブックセンター六本木店の跡地にオープンする。営業時間は9~23時まで。運営に日販子会社のリブロプラス、クリエイティブパートナーにスマイルズを迎えた。開業前日の10日にはプレス向け内覧会を開催した。

 内装は以前の青山ブックセンター六本木店をベースに、図書館のようにデスクと椅子を並べた閲覧スペース、コーヒーと煎茶を無料で提供する喫茶スペース、“研究室”と冠したミーティングルーム、トークセッションなどに利用できるイベントスペースなど、長時間滞在を促すさまざまなスペースを設けた。喫茶スペースでは、オムライス(1000円)などフードメニューも用意する。打ち放しのコンクリートや階段、白い壁などを効果的に用いて、各スペースの区切りを認識しやすくした。入り口付近は入場無料の企画展示スペースと雑誌コーナーで、奥の総合受付で有料スペースの入場料を払う。

 日販の担当者は「本を買うことが非日常になってきていて、文化的なにおいのする空間で本と出合うこと自体が価値を持つようになった。その体験価値を拡充する場所を作りたいという思いから、新業態の開業に至った。街の本屋として機能していた青山ブックセンター六本木店の跡地ということも含めて、本と人をつなぐ最高の空間とサービスを提供していく。入場料は、時間を気にせず本と向き合ってもらう担保でもあるので、気兼ねなく利用してほしい」と語った。

 内覧会では、森岡督行・森岡書店店主、上條昌宏「アクシス(AXIS)」編集長、伊藤晃・文喫六本木店長らが登壇したトークセッションも開催した。伊藤店長は「窓辺のソファ席がお気に入り。寝落ちしていただいてもかまいません」と長時間滞在の利点をアピールした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら