ファッション

眼鏡のジンズ社長が故郷・前橋にホテル 国内外の有名クリエイター集結

 眼鏡企業ジンズ(JINS)の田中仁・社長が、個人のライフワークとして出身地の群馬県前橋市にホテルを建設中だ。1688年に開業し2008年に廃業した老舗の白井屋旅館の土地と建物を買い取り、19年秋の開業に向け、4階建ての建物をリノベーションする。
設計は、ジンズ渋谷店も手掛けた建築家の藤本壮介。客室数は25で、金沢21世紀美術館にある作品「スイミング・プール」で有名な芸術家レアンドロ・エルリッヒ(Leandro Erlich)がロビー空間を演出。“眼鏡の定義を問い直し、眼鏡の本質からデザインする”をコンセプトとする“ジンズ デザインプロジェクト”でコラボレートしている英プロダクトデザイナーのジャスパー・モリソン(Jasper Morrison)と、伊建築家ミケーレ・デ・ルッキ(Michele De Lucchi)も協力し、彼らが内装を手掛けた特別な客室もあるという。有名クリエイターが顔をそろえ、建築デザイン的にも話題を呼びそうだ。

 田中社長は前橋商工会議所の議員を務める他、2014年に群馬県や前橋市の地域活性化を目的に田中仁財団を設立し、“前橋まちなか研究室”を開設するなど、官民一体でさまざまな地域活動を行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。