ファッション

「ジンズ」が子どもの目を守る“見る育”共同プロジェクト発足

 アイウエア企業ジンズ(JINS)は、小学生向けプログラミング教育事業を行っているシーエーテックキッズが運営する「テックキッズスクール」と共同で、子どもの目を守るための“見る育(みるいく)プロジェクト ジンズ×テックキッズスクール”を発足させた。これを記念し7月27日に、親子20組を招いて特別イベント「親子で学ぼう!“見る育”光の実験教室」を千代田区のアーツ千代田3331で開催し、眼鏡を使ったブルーライトカットの体験、偏光板を使ったステンドグラス制作などのワークショップを行った。

 同プロジェクトの責任者である田中亮ジンズ ブランドマネジメント室 事業統括リーダーは「デジタル化社会の中で、子どもたちの目を取り巻く環境が変わっている。子どもたちの視力低下が進んでいる中で、親や子どもに光や目について正しい知識を提供し、目の健康を守ってもらうことが目的だ。今後、『ジンズ』の商品開発、サービス向上につなげていきたい」と話した。

 参加した小学5年生の女子児童は「光にはいろいろな色があることがわかった。楽しかった」と感想を話した。

 今後、目に関する意識調査や“見る育”講座を継続的に実施していく方針で、この特別イベントは8月に大阪でも開催する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら