ニュース

アイウエアのジンズが医薬品販売事業へ参入

 アイウエアのジンズ(JINS)は5月10日、新たに医薬品販売事業へ参入する。それに伴い医薬品販売サービス「ジンズ ドラッグプラス(JINS DRUG+)」を公式ECサイトで開始する。

 同サービスは、初回は目薬とサプリメント12品目を展開し、今後商品のラインアップを増やしていく。医薬品の販売業許可を取得し、薬剤師や登録販売者を常駐させて眼に関する専門的な相談に対応できるお客様相談窓口を設置。各医薬品に対し“花粉”“ドライアイ”などのアイコンを表示し、関連するメガネの提案をする。

 ジンズは、"人々の生活を豊かにする"をビジョンに掲げる。これまでブルーライトから“眼を守る”という新たな価値を提案したアイウエアをはじめ、新市場の創出やレンズ追加料金0円、即日受渡しサービスなどを提供してきた。さらにめがねの製造や販売に留まらず、2017年12月からコンタクトレンズの販売を開始している。今回「ジンズ ドラッグプラス」もスタートし、さらなるトータルアイケアカンパニーを目指す。